MENU

顎ニキビにダラシンTゲル

顎ニキビのお手入れ、毎日大変ですよね。洗顔や化粧水を変えてみたり食べ物を工夫してみたり、治したいと思ってから結構手をつくしてきた、だけれどもイマイチ効果を感じない。そんな悩みを持つ人もいらっしゃるかと思います。自宅での治療が難しいと思って次に考えるのは

 

皮膚科での治療ですよね

 

お医者さんにいけばニキビの大きさや炎症の具合などから総合的に判断してお薬を処方してもらえるのではと期待していくでしょう。実際に皮膚科に通い始めてから顎ニキビがだんだん良くなってきたという話も聞きます。どんなお薬が出されるかは一人一人違いますが、ダラシンTゲルを出される人も多いみたいですね。ダラシンTゲルは塗り薬で効果が高いということです。有名な薬なのですが、その効果や副作用についてもご説明しましょう

 

ダラシンTゲルの効果と副作用

ダラシンTゲル 副作用

ダラシンTゲルは抗生物質の一つでリンコマイシン系に分類されます。細菌のたん白質合成を邪魔してニキビの原因となるアクネ菌、黄色ブドウ球菌を殺菌してくれます。ですからダラシンTゲルは化膿しているような炎症を起こしている赤いニキビなどに処方されます

 

顎ニキビの重症度によっては飲み薬のミノマイシンや毛穴のつまりに効果があるディフェリンゲルなどと一緒に出されることもあります。ダラシンTゲル1%やゲル以外にもローションタイプのダラシンTローションもあります。ダラシンはリンコマイシン系の抗生物質で、細菌の蛋白質合成を邪魔することで、アクネ菌や黄色ブドウ球菌を殺菌してくれます

 

なのでダラシンは基本的に化膿性炎症の赤ニキビなどの症状に処方されます。状況によって内服薬のミノマイシンや毛穴のつまりを解消するディフェリンゲルなどと併用することもあります。ゲルであるダラシンTゲル1%やローションタイプのダラシンTローションがあり、肌質により変わります。ゲルでありながらベタつきのない使い心地

 

効果が出るのが早くて1週間以内に顎にきびが改善されることが多い

 

逆に1ヶ月以上使ってみても効果がなければ中止。体制を持っている人だと効かないのですね。抗生物質ですからそこは見極めます。

 

気になる副作用について

ダラシンTゲルは薬である以上、副作用もあります。主な症状としては
かゆみ

 

赤みが増す

 

ヒリヒリする

 

などです

 

ダラシンTゲルの使い方

ダラシンTゲルは効果も高いですが前述の通り副作用もありますので使い方に気をつけましょう。顎のニキビだけに塗るようにして、症状のない周りにはあまりつけません。指でピンポイントでつけましょう

 

 

>>顎ニキビの塗り薬ランキング TOP