MENU

顎ニキビができた時の皮膚科受診

顎ニキビができた時、まずはセルフケアを試みてみるでしょう。化粧品や洗顔料を変えてみる、食事の内容を見直す、できるだけ早く寝る、ドラッグストアにあるニキビケア商品を試してみるsプリメントを飲んでみるなど

 

それらで対応できれば良いのですが、顎にきびはそれでは治らないということが多く、皆さんを悩ませると思います。最終的に皮膚科に通うことにした人もいるでしょう。しかし皮膚科は病院なのでいけば薬を処方されたり治療のために継続して通うことになるかもしれません。もしそうなった時には、皮膚科ではどのようなことをしてくれるのでしょうか?ここでは皮膚科での顎ニキビの治療について調べて見たいと思います

 

皮膚科で出されるお薬

 

顎ニキビで皮膚科を受診するとまずは問診、視診からはじまります。今まで使ってきた市販薬などがあればそれも伝えると良いですね。さて、顎にきびといっても炎症をおこしているのか、それともポツポツがあるだけなのか?色々な状態があると思うのですが、多くの場合「リンデロン-VG軟膏」が出されることが多いです

リンデロン-VG軟膏

リンデロン-VG軟膏は、ステロイドと抗生物質が混ざっている、効果の高い強めのお薬です。ニキビの時に処方される他には湿疹ができたときやかぶれ、皮膚炎の治療などに使われる場合もあります。

ステロイド剤は用法・用量を守って使わないと副作用が出るおそれがあるため、きちんと医師の指示に従って使用しなくてはなりません

 

薬以外に自分でできるセルフケア

ニキビの治療薬は、できてしまったニキビに対して効果を発揮します。これからできるかもしれないという状態にはもちろん何の効果もありません。ですから、ニキビを治すのには皮膚科の治療薬、今後作らないのは家庭でのスキンケアにかかっているといえるでしょう

 

保湿のための商品を選ぶ際は、油分や界面活性剤などの添加物が入っていないものを選びましょう。ニキビ肌にとって刺激になってしまうことがあるからです。ニキビの炎症をすすませたり、逆に皮脂を増やしてしまうこともあるので、刺激の少ないものを選ぶと良いのです

 

 

>>顎ニキビの塗り薬ランキング TOP